三井物産ビジネスパートナーズ株式会社

会社の特徴

  1. HOME
  2. 会社概要
  3. 会社の特徴

当社は、1981年(国際障害者年)に設立された三井物産ビジネスサポートと、1957年設立の三井物産ゼネラルサービスが2009年10月に統合した、「障害者雇用の促進等に関する法律」に基づく三井物産の特例子会社です。

1960年の「身体障害者雇用促進法」制定に始まり、1976年に民間企業の身体障がい者雇用が義務化、また1997年には知的障がい者雇用も義務化され、さらには2006年に精神がい害者雇用促進に向けた法改正が行われ、障がい者雇用の促進は世界的にも優先度の高い課題として認識されています。現在、従業員50人以上の民間企業すべてに、「全従業者数に対する障がい者雇用率2.0%以上」が義務付けられています。

当社雇用率グラフ

「特例子会社」制度は、事業主が障がい者の雇用に特別の配慮をした子会社を設立し、一定の要件を充たす場合に、特例としてその子会社に雇用されている労働者を親会社に雇用されているものとみなして雇用率を合算できる制度です。

三井物産としては法的・社会的な責務を果たすため、1981年に「物産サービス(三井物産ビジネスサポートの前身)」を立ち上げ、いち早く「特例子会社」制度を活用して積極的に障がい者雇用に取り組んできました。

当社は、設立以来、三井物産の確固としたバックボーンのもと、給与・福利厚生・人事発令などの人事業務、複写・製本関連業務、データ処理などのインプット業務、社内外郵便関連業務、旅行代理業務、社宅・寮・保養所などの管理運営業務、オフィスレイアウト変更や事務所改修工事業務、物販業務、三井物産の海外拠点への社用食料品送付業務など、多種多様な人事・総務サービスを三井物産に提供するパートナー企業として、"ノーマライゼーション"の理念の下、社員のだれもが能力を発揮でき、働く「喜び」と「生きがい」を実践できる、バリアフリーな職場づくりを進めています。

三井物産
三井物産株式会社のホームページへ